新生銀行住宅ローンの繰り上げ返済のメリットは?

家族
今回は、新生銀行の住宅ローンへ借り換えた場合に得られるメリットとして、繰上げ返済に関するサービスについてみてみたいと思います。

 

新生銀行の住宅ローンへ借り換えた場合、保証料が無料、団体信用生命保険料が無料、事務手数料が10万円などの諸費用が安く、トータルで得になる場合が多くあります。

 

このような直接的なメリット以外にも、繰上げ返済についても多くのサービスがあります。

 

新生銀行では、1円から繰上げ返済が可能で、繰上げ返済手数料が無料です。

 

フラット35では、100万円以上でないと繰上げ返済ができないのなどの制限があります。

 

また、大手の都市銀行などでは、繰上げ返済手数料が数千円から数万円かかることもありますので、こまめに繰上げ返済を行いたい人には、新生銀行のスタイルが向いていると思われます。

 

また、新生銀行独自のサービスとして、「スマート返済」と呼ばれる自動繰上げ返済方式を利用することができます。一般に、繰上げ返済は、ローン返済者が繰上げ返済の額を申し入れる必要があります。

 

スマート返済では、あらかじめ円普通預金の残高を設定しておくと、指定残高より1万円以上高くなった場合、指定残高を超える預金額を自動的に繰上げ返済する仕組みです。

 

同じ額を繰上げ返済するのであれば、一度にまとめて行うより、こまめに繰上げ返済したほうが、総支払額を抑える効果が高くなります。

 

従って、このスマート返済によってこまめに繰上げ返済を行えば、繰上げ返済を意識していなくても、かなりの節約になる可能性が高いと思われます。

 

また、新生銀行の住宅ローンを組んでいる人には、生活貸越サービス「パワーポケットサービス」を利用することができます。

 

パワーポケットサービスでは、繰上げ返済を行った場合に、繰上げ返済の累計額まで借り入れることができるサービスです。繰上げ返済を行えば行うほど総支払額が抑えられますので、できるかぎり繰上げ返済を行いたいと思う人も多いと思いますが、繰上げ返済には手持ちの現金が減るというリスクがあります。

 

手持ちの現金が減れば、突発的な出来事でまとまった金銭が必要になった時に対応しにくくなります。

 

最悪の場合、新たな借金を作ってしまう可能性まであり、本来の住宅ローン返済が困難になる危険性すらあります。パワーポケットサービスを使えば、突発的な出来事で金銭が必要になっても、繰上げ返済分までは再び借りることができるので、安心して繰上げ返済を行うことができます。

 

さらに、借りた金銭の使途は自由でありながら、住宅ローンの変動金利と同じ金利が適用されますので、他のローンを組むよりも圧倒的に有利な融資を受けることができます。

新生銀行住宅ローン借り換えのメリットは?