新生銀行住宅ローン借り換えの本音の口コミ!

今回は、新生銀行の住宅ローンへの借り換えに関する口コミについてみてみます。新生銀行の住宅ローンについて語られている情報を集めてみました。

 

これらは、WEBサイトでの掲示板やブログなどでの書き込みに基づくものですから、100%の信頼性を保証するものではありません。一つの意見として参考にするということにとどめておいてください。

 

 

【ポジティブな意見】

 

 

納得できるまで相談できるので安心!

大手都市銀行の住宅ローンから新生銀行へ借り換えました。住信SBIネット銀行やソニー銀行などと迷ったのですが、ネット銀行では電話やメールでしか相談できず、店舗で直接相談できる新生銀行に決めました。心配なことについて、納得できるまで直接合って相談できることが何より安心です。


 

 

トータルで判断!

諸費用が圧倒的に安いにも係らず金利もそこそこ低いので、トータルに考えると、新生銀行が一番得だと思います。


 

 

振り込み手数料無料がいい!

新生銀行でローンを組むと、毎月10回まで振り込み手数料が無料になります。1回1回はたいした手数料ではありませんが、諸費用が圧倒的に安いにも係らず金利もそこそこ低いので、トータルに考えると、新生銀行が一番得だと思います。


 

 

諸費用を抑えられる

金利の多少の違いは、繰上げ返済を行って支払い期間を減らせば、どんどん差がなくなります。それよりも、最初に必ず支払わなければならない諸費用を抑えるほうが確実だと思います。そういう点で、新生銀行が最適だと思います。


 

 

資産運用や管理に向いている!

「パワーポケットサービス」や「新生プラチナ」など、他行ではないサービスが魅力です。長い目で見た資産運用や資産管理に向いていると思います。


 

 

【ネガティブな意見】

 

 

審査の基準がよくわからない

事前審査はOKだったのですが、本審査で減額だといわれました。保証会社を通していないので、事前審査も本審査も新生銀行が行っているはずなのですが、審査の基準が良くわかりません。


 

 

繰り上げ返済で期間短縮だけしかできない

繰上げ返済は、期間短縮型しか受け付けてもらえません。ローンを組むときに将来のことはわからないけれど、期間短縮をして利子を減らすよりも、月々の支払いを抑えたいと思う状況も起こりえると思うのですが、新生銀行では対応してもらえないところが不満です。


 

 

担保設定が厳しいのでは?

新生銀行でローン審査を受けた結果、頭金を増やす必要があるといわれました。3週間かけていろいろやり取りをしましたが、結局断られました。他の銀行では、あっさり審査に合格しました。借り換えの際の担保査定が厳しいのではないかと感じました。


 

 

パワーポケットサービスが…

長期固定金利を選ぶと、「パワーポケットサービス」で借りることができません。変動金利ではなく長期固定金利を適用してもらって良いので、長期固定金利でも使えるようにしてもらいたい。


新生銀行住宅ローン借り換えのメリットは?